『劇場版 弱虫ペダル』は渡辺航による漫画『弱虫ペダル』を原作とした劇場版オリジナルアニメ。本作は『弱虫ペダル』において初となるオリジナル長編であり、渡辺航が本作のために書き下ろした新作のストーリーとなっているため、漫画版が存在しない。

公式ストーリー[編集 | ソースを編集]

劇場版 ポスター.jpg

総北高校 に入学した、アニメやフィギュアが大好きなオタク少年・小野田坂道 。千葉から秋葉原までの往復90kmの道のりをママチャリで通っていた彼は、無意識のうちに自転車のペダルを回す力(ペダリング)が磨かれ、その才能を見出され自転車競技部に入部する。めきめきと実力をつけた坂道は全国大会に出場。激闘の末、チームの想いを背負い見事総合優勝を勝ち取った。

インターハイを終え、夏も終わりに近づく中、坂道は卒業を控える3年生の金城真護巻島裕介田所迅 から、「全員で支え合い走りぬく」というチーム総北の魂を受け継いでいくために、今泉俊輔鳴子章吉 らと日々の激しい練習に取り組んでいた。

そんなある日、チーム総北に、インターハイの成績優秀チームが出場する「熊本 火の国やまなみレース」からの出場招待が届き、主将の金城はインターハイメンバーでの出場を決める。一方、例年このレースの出場を見合わせていた箱根学園 も、総北に雪辱を果たすべく参戦を決め、中でもエースクライマー東堂尽八 はライバルの巻島との対決を見越し気持ちを昂ぶらせる。そして同じくインターハイでしのぎを削った京都伏見、広島呉南といったライバルチームも出場を表明。さらに、怪我のためインターハイへの出場が叶わなかった“炎のクライマー”吉本進が復帰した地元代表の熊本台一も優勝を目指す。

現行のチーム総北にとって“最後のレース”に向け、坂道たちは士気を高めていく。しかし、そんな中、巻島がイギリス留学のためレースには参加せず、自転車競技部を退部し渡英することが明らかになる。常に自分を支えてくれた先輩であり、その背中を追い続けていた存在である巻島がいなくなる。そして、チームに残るクライマーは自分ただひとり……。坂道を大きなショックとプレッシャーが襲う。

“火の国”熊本、阿蘇の山を舞台にした灼熱のロードレース。「チームの魂を受け継ぎ、超えていく。」熱き決意を胸に、男たちは再びスタートラインに立つ――!

制作略史[編集 | ソースを編集]

キャスト[編集 | ソースを編集]

スタッフ[編集 | ソースを編集]

  • 原作・ストーリー原案 - 渡辺航
  • 総監督 - 鍋島修
  • 監督 - 長沼範裕
  • 脚本 - 吉田玲子
  • キャラクターデザイン - 番由紀子、岩佐裕子
  • デザインワークス - 水村良男
  • 美術設定 - 青木智由紀、イノセユキエ
  • 2Dワークス - 西谷知恵
  • 美術監督 - 吉原俊一郎
  • 色彩設計 - 中尾総子
  • CG監督 - 眞田竹志
  • 撮影監督 - 葛山剛士、野上大地
  • 編集 - 坂本久美子
  • 音響監督 - 高寺たけし
  • 音楽 - 沢田完

主題歌[編集 | ソースを編集]

Link
 作詞・作曲 - 岡田勇希 / 編曲・歌 - LASTGASP

関連商品[編集 | ソースを編集]

特典[編集 | ソースを編集]

劇場版 特典.jpg

劇場版の入場者特典として全18種のオリジナルラバーキーホルダーが製作され、週替りで1回の観賞につき1個ランダムで配布された。週替りの内容は以下の通り。

Week1(8月28日〜9月4日)
小野田坂道、今泉俊輔、福富寿一、荒北靖友、吉本進
Week2(9月5日〜9月11日)
田所迅、東堂尽八、新開隼人、御堂筋翔
Week3(9月12日〜9月18日)
鳴子章吉、金城真護、手嶋純太、真波山岳、待宮栄吉
Week4(9月19日〜9月25日)
巻島裕介、青八木一、泉田塔一郎、石垣光太郎

イベント[編集 | ソースを編集]

劇場版 イベント01.gif

劇場版「弱虫ペダル」×熊本市 『激戦の舞台 熊本を巡ろう!』[編集 | ソースを編集]

劇場版の舞台となった熊本市とのコラボ企画。2015年9月26日〜11月1日にかけて桜の馬場城彩苑(湧々座・桜の小路)、熊本城にて開催された。熊本城・湧々座にキャラクターパネルが設置され、劇場版「弱虫ペダル」×JR北九州のモバイルスタンプラリーの商品であるキャラクター画像を提示することで先着でオリジナルクリアファイルがもらえる。映画の半券を持っている場合は割引などのサービスも実施された。

脚注[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。